メイヤーインターナショナル代表取締役のリチャード・ケインです。自分のお金の話となれば、世界中のほとんどの人が最も気になる話といえるでしょう。自分のお金を増やす方法はたくさんあります。しかし、予期せぬ失敗をしないよう、ファイナンシャル・プランナーにお任せした方がいいことも多々あります。今日はいくつかポイントをお伝えします。

1      支出をきちんと把握すること

これは非常に重要なことです。お金を使う前に、二度考える人はあまり多くありません。これは長期的に見た家計に影響します。一ヶ月に何にいくら使ったか、食費、燃費など全て家計簿につける方がいいのです。そうすることにより、何に無駄遣いしたのか認識することができます。

2      収入以上のお金を使わないこと

誰もが贅沢な生活を送りたいと思うものです。それゆえ、私たちは不相応に高いものを買ってしまうことがあります。これは良くありません。リチャード・ケインは収入以上のお金を使わないように心がけています。収入以上のお金を使う人なんてどこにいるんだろうと思うかもしれませんが、実際、ほとんどの人は再考することなく、気まぐれで余計なものを買ったりします。こうすることによって、知らないうちに収入以上にお金を使ってしまう人がいます。

3      お金に関する計画の目標を立てる

多くの人は、家計に関する目標を持っています。しかし、その目標を達成するための具体的なステップや計画を持っていない人が多いです。まずは具体的な戦略を考え、次に目標に向かって一生懸命働く。これが重要です。
お問い合わせはこちらまで。
メイヤー・インターナショナル
代表取締役 リチャード・ケイン
(+66) 02 611 2561.

リチャード・メイヤー・ケイン

カナダ・モントリオール州ケベック生まれ。

ロンドンに上場するアジア・ウェルス・グループの代表取締役。東京で、メイヤーグループの代表を15年務めた後、現在アキコ夫人と二児とともにバンコク在住。

リチャード・ケインは、アジアにおける資産マネジメントについて、19年以上の実績を持つ。日本人に対しても、国際税務、資産管理に関するコンサルティングを行う。

SHARE
Previous article寄付
Next article掛けていますか、生命保険